ふすまの張替えで気分一新|キレイな住宅に住む

人気記事

目的に合わせて行う

最近では技術や作業的な工法の発達により、今までよりも多彩な工事が可能となっています。リフォームは必ずしも大きな工事を行う必要はなく、最小限のリフォームを行う人も多くなっています。

記事一覧

最適な環境づくり

マンションでのリフォームを行う場合があります。管理規約に反しないことを条件に、間取りの変更や建具変更、浴室の浴槽を変更したり、床暖房などの室内設備を充実化したりなど、様々なことを行うことができます。

詰まり対策

日常生活においてトイレなどの水回りのトラブルはどこの家庭でも起こりえます。少々の水漏れなどなら簡単に対処も行えますが、酷い場合の被害は深刻です。マンションなどの場合、階下へも被害が及ぶ恐れがあります。

ふすまの手入れ

ふすまは和風住宅の仕切りとして長い間使用されてきています。開け閉めを楽に行うことができ、必要なときには取り外しできるふすまはとても柔軟な建具といえます。芸術的な表現にも広く使われ、鎌倉時代から江戸時代にかけて描かれた襖絵は、現在では重要な文化財として残されています。ふすまはもともと寝殿造りの住宅で大きな一つの空間を仕切るために作られたものです。時代の流れが変化し、様々な建築様式が登場していきましたが、ふすまは部屋の間仕切りとして現在も使われています。ふすまは簡単に取り外しできるので、壁では得られない柔軟性に富んだ使い方ができます。間仕切りとしてふすまを使うことで、部屋の大きさを自由に変えることもできます。空間を柔軟に変化させることができるのは、日本の住宅の特徴と言えるでしょう。

最近の住宅でも広く使われているふすまですが、ずっと使用してると傷んできてしまいます。そうした場合、ふすま自体を修繕する障子を張り替えるなどの手入れが必要です。ふすまを修繕する場合、多くの人が専門業者に依頼しています。費用は業者によって異なりますが、仕上がりが綺麗なことで満足感を得られます。こうした専門業者は多くあり、ホームページなどを開設している業者も多いため探しやすいです。専門業者に依頼する場合は、ネットなどを利用して申し込んでも良いでしょう。また、ふすまは自分でも修繕することができます。交換や障子の張替えは難しいと考える人も多いでしょう。確かに慣れていない場合、ちょっと失敗してしまうなんてこともありますが、自分で張替えを行う場合にもメリットは多いのです。まず第一に、専門業者に頼むよりも比較的安い値段で行うことができます。必要なものを買い揃えても1000円以内に収まる場合がほとんどです。自分で対処ができるという人や、チャレンジしてみたいと思っている人には有り難いでしょう。

↑ PAGE TOP